スクールデイズ

配給作品
監督・脚本:守屋健太郎
出演:森山未來、田辺誠一、松尾スズキ、金井勇太 他

青春ってイタイことだらけ。

とびっきりシニカルで痛快な青春映画

わずか0歳で芸能界デビューし、天才子役として一世を風靡した相沢晴生は両親の離婚問題に巻き込まれ、「普通の子供に戻りたい!」と世間に惜しまれつつ8歳で引退。しかし普通の子供に戻ってもいいことなんてまるでなかった高校生の晴生は、再起をかけて超人気学園ドラマ「はみだし!スクール★デイズ」のオーディションを受け、見事合格!ドラマの中の熱血教師・鴻ノ池先生に強い憧れを抱きながら少しずつ影響されていく。しかし、ドラマの役にのめり込むあまりドラマと現実のバランスが崩れだし、ついには実生活にも鴻ノ池先生が登場するようになる・・・。TVの学園ドラマをモチーフに、現実と虚構の世界との境界線をシニカルに描く一風変わった新・青春学園ムービー! 森山未來×守屋健太郎初監督で贈る新・青春学園ムービー! 主人公の相沢晴生をリアルに演じるのは、『世界の中心で、愛をさけぶ』以来の映画出演で本作が初主演となる森山未來。ピュアゆえにおかしな方向に転がり落ちていく高校生を的確に体現している。ドラマのカリスマ熱血教師役には田辺誠一。個性的なキャラクターを絶妙な演技で魅せる。晴生の親友役には『69sixtynine』の金井勇太、現実世界の担任教師役には松尾スズキが、独特の存在感で登場。また、晴生の両親役の鶴見辰吾、いとうまい子が「高校聖夫婦」以来21年ぶりに共演しているのも見逃せない。その他、多彩な豪華キャストがそれぞれの持ち味を出して作品の世界観を広げている。監督は数多くのミュージック・クリップや短編作品が海外からも高い評価を受けている守屋健太郎。本作が長編初監督作品となり、オリジナル脚本でユニークな視点から新たな学園ドラマのかたちを描きだしている。音楽は、日本のミュージックシーンの先端をいくバンド、ポラリスのオオヤユウスケが担当。そして、ザ・ハイロウズの「一人で大人 一人で子供」が劇中のドラマと映画の両方の主題歌として効果的に使われている。